取扱説明書

CX-5と旅のお供に『NaviCon(ナビコン)』使ってみた!ナビコンの使い方・評価まとめ

投稿日:

久しぶりに家族で県外へ出掛けることになったので、マツダコネクトのナビを使うことに。

ナビを使う度に思うことが

「目的地の入力が面倒」

コントロールダイヤルで設定するのは時間かかる。タッチパネル使うと画面が汚れるし、マツコネの画面は結構遠い。

「そういえば、アプリと連動ができるはず!」

旅のお供にナビコンをインストールして使ってみることにしました!




NaviCon(ナビコン)とは?

スマートフォンの地図アプリの一種でカーナビとBluetoothで接続することで、スマートフォンで検索した目的地をワンタッチでカーナビに転送し、行き先に設定することができます。もちろん、マツダコネクトも対応しています。

目的地の検索はジャンルやキーワード、電話番号で行うことができる他、グーグルマップやAppleマップから取り込むことも可能です。慣れない土地でコンビニやガソリンスタンドを検索することも簡単にできます。また、各地のガイドブックにある〈MapQR〉の読み込みにも対応しています。

気に入った場所やよく行く場所はブックマークとして保存することでいつでも簡単に呼び出すことができ、複数の目的地を選んでルートプランの作成も可能です。ナビコンをインストールしたユーザー同士で待ち合わせ場所を共有したり、お互いの現在地を知ることもできます。

渋滞情報の取得や目的地付近の状況をストリートビューで確認することが可能です。

ナビコンの使い方

ナビコンにはカーナビとの連携、目的地検索、地点の共有・記録、友達マップなど多くの機能があるのですが、普段使いとして便利な目的地の設定とルートプランについて説明します。他の機能も試してみましたが、正直イマイチでした。

ダウンロードはコチラ

android → Playストアへ

Apple → App Stoaへ

予めBluetoothでマツダコネクトと接続の設定をしておいてください。設定が済んでいるものとして説明しています。

初期設定

ナビコン使い方

①ダウンロードしたNaviCon(ナビコン)をタップして起動します。

 

 

 

ナビコン使い方

起動画面

 

 

 

 

 

 

ナビコン使い方

② Bluetoothの接続先設定を行います。

事前にマツダコネクトに接続したことがあれば〈Mazda〉があるので、✓を入れます。

自動で接続先設定にならない場合は左上の〈メニューバー〉→〈設定〉→〈接続先設定〉の順にタップしてください。

 

 

 

目的地設定

ナビコン使い方

① 上の検索バーに目的地のキーワードや住所、名称、マップコードを入力します。

② 画面下に表示される候補地の中から目的地をタップします。

③ ピンが目的地と一致しているか確認します。

 

 

 

 

ナビコン使い方

※右上の(G)マークをタップするとストリートビューを見ることができます。

※青い( >)をタップすると目的地の詳細情報を確認できます。

④ 目的地が間違いなければ〈ナビへ送信予約〉をタップします。

直ぐに送信する場合は横の(🚘)マークをタップします。

 

 

 

ナビコン使い方

⑤ 目的地の送信予約を行います。

〈次回乗車時〉か〈日付指定〉を選び〈OK〉をタップ

 

 

 

 

 

ナビコン使い方必要に応じて日付を指定します。

⑥ 車に乗り込みエンジンを掛けて、アプリを起動すると自動で目的地が送信されます。(自動転送の設定もできます)

 

 

 

 

ルートプラン設定

ルートプランは複数の目的地を登録し、予め決めた順序で目的地を回ることができる機能です。

先ずはブックマークに行き先を登録します。

① 目的地設定①~③の手順で目的地を表示します。

ナビコン使い方

② 青い( >)をタップします。

 

 

 

 

 

 

ナビコン使い方

③ 〈ブックマークに登録〉をタップします。

 

 

 

 

 

 

ナビコン使い方

④ 〈選択地点を登録〉をタップ

 

 

 

 

 

 

ナビコン使い方

⑤ 必要であれば目的地の名称を変更

⑥ 右下の〈OK〉をタップ

①~⑥を繰り返して目的地をブックマークします。

 

 

 

 

次にルートプランをブックマークから選び設定します。

ナビコン使い方① 左上のメニューバーから〈ルートプランの選択・編集〉をタップ

 

 

 

 

ナビコン使い方② 〈新規ルートプラン作成〉をタップ

 

 

 

ナビコン使い方

 

③ プラン名を入力します

 

 

 

 

 

 

ナビコン使い方④ 行き先を立ち寄る順番にタップ

一つのプランで5ヶ所まで選択できます。順番は後でも変更可能です。

⑤ 右下の〈完了〉をタップ

 

 

 

 

⑥ 右上の〈矢印(戻る)〉をタップ

必要な場合は順番の入れ替えや削除を行う

 

 

 

 

 

ナビコン使い方⑦ プラン名で入力したルートが表示されるのでタップ

 

 

ナビコン使い方

⑧ 行き先を確認して〈地図に表示する〉をタップ

 

 

 

 

 

 

ナビコン使い方

⑨ 〈ナビへ送信予約〉をタップ

目的地設定⑤ と同じ要領で設定する

車に乗車してアプリを起動すると送信されます。

 

 

 

 

情報は常に最新

新しいお店の検索はもちろん、お店の移転なども対応してくれます。

カーナビはナビ本体のデータベースに情報が無ければ目的地を検索することはできませんが、ナビコンはネットに情報があれば目的地として設定できるので常に最新の情報で動くことができます。

まとめ

ナビコンの良いところ

  • 目的地の入力・設定が早い
  • 事前準備で出掛ける当日もモタモタ解消
  • 常に最新の情報で動ける
ナビコンのダメなところ

  • ルート設定が使いない(使えないこともある)
  • スマートフォンのストレージ容量を使う

目的地の入力はマツコネをクルクル・ポチポチするより断然早いしラクです!事前に計画を立てて行動したい人には、とても役立つツールになると思います。

スマートフォンのストレージは消費しますが、35MB程度なので容量は大きくないです。

一方でルートプラン設定は難あり!

ルート設定をした順番で送信してくれないことがあります。A地点に最初に行きたい(行くように設定した)のに、転送したらB地点が行き先として送信されていることも・・・

この場合は行き先の送信をやり直せば良いのですが、ルート設定した意味がありません。

ただ、この現象は私のスマートフォン(HUAWEI P10)とナビコンの相性の問題なのかもしれませんので、全ての人に当てはまるとは限りません。

設定を変更することで車に乗ってマツコネが起動したときに自動で目的地を転送する〈自動転送〉もあるのでお好みで設定してください。

〈メニューバー〉→〈設定〉→〈自動転送に✓〉

使いにくくはないのですが、まだまだ発展途上のアプリって印象です。

目的地の検索や設定では、継続的に使っていこうと思います。出掛け先でコンビニや駐車場を調べる周辺施設検索も便利かな?ルート設定は順番が正しく反映されるようになっても使わないかも・・・

使わない(使えない)機能もありますが、マツコネがCarPlayに対応するまでのつなぎとしては良いかもしれませんね!

皆さんも良ければNaviCon(ナビコン)お試しください。




-取扱説明書
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

CX-5 ドライビング・ポジション・サポート・パッケージを徹底解説!L PackageとPROACTIVEでは仕様が異なる

マツダコネクト地図データ更新

マツダコネクト ナビゲーション用SDカードの地図データを最新版に更新!更新手順は?

CX-5購入後レビュー#3【フォグランプ】は必要?

CX-5納車後レビュー#1 ドライビング・ポジション・サポート・パッケージの使い方を徹底解説!

CX-5 ディーゼルとガソリンの選び方 ランニングコストを徹底比較

Twitter でフォロー