アフターパーツ

前方だけではダメ!これからのドラレコは後ろも記録!前後撮影可能なドライブレコーダー特集!

投稿日:

運転中の幅寄せやあおり運転が問題になっています。ニュースでもドライブレコーダーの映像を見ない日はないと言っても過言ではありません。

幅寄せやあおり運転のような危険運転自体は最近になって増えたのではなく、以前からあったと思います。ドライブレコーダーの普及で問題が起きている現場が見えるようになり、問題視されるようになっただけです。

しかし、ドライブレコーダーの普及率はというと、タクシーやトラックなど業務用車両で50%。一般の乗用車では10~15%程度だそうです。たったこれだけの普及率にも関わらず、毎日のように危険運転の映像が流れるのですから、世の中にはどれほど危険な運転をする人が多いのでしょうか?考えただけでゾッとします。

毎日のように報道されることもあり、車に疎い嫁さんも「わたしもドライブレコーダー付けようかな?」と言ってきました。

私のCX-5にはドライブレコーダーをすでに取り付けてあるので、嫁さん用のドライブレコーダーを選ぶことに。最近の状況を見てどんな物が良いか考えてみました。



以前のドライブレコーダーの記事はコチラ

ドライブレコーダーの基本的な機能は以前の記事をご確認ください。

必要だと思う機能

今回嫁さんのドライブレコーダーを選ぶにあたり重視した項目です。

前後撮影

最近の報道を見ていて思うのは「車両前方だけ記録していても足りないな」ということ。

危険は前から来るとは限らないです。特にあおり運転は自車の後ろで起きることですし、幅寄せは自車の横で起きます。

交差点トラブル(当り屋含む)や前に割り込んでの急ブレーキなど嫌がらせは、前方に着けたドライブレコーダーで対応できますが、後ろや横で起きる危険運転は記録されません。

万一のことを考えると理想は前後左右の記録ができるドライブレコーダー。最低でも前後の記録ができるドライブレコーダーが必要かと思います。

音声記録も必要

前は「音声の記録なんているのか?」とも思っていましたが、これも必要です。

危険運転をしてきた挙句、自車の前で停車し、文句を言ってくる輩も少なくありません。どのようなやり取りが行われたのか記録することができるので車内の音声も記録できるタイプのドライブレコーダーが良いですね。

10,000円以上のドライブレコーダーであれば音声記録できるものが多いです。

ドライブレコーダー選びの条件

嫁さんのドライブレコーダーは以下の機能に対応したものを選ぶことにしました。

  1. 360°もしくは前後記録可能
  2. カメラの画質 1080P(フルハイビジョン)
  3. 前方カメラの画角 対角130°以上(水平105°以上)
  4. レンズのF値 2.2以下
  5. HDR・WDR対応
  6. LED信号対応
  7. 音声記録対応
  8. 記録媒体SDカード

駐車場監視機能はそこまでこだわらずです。

前後左右記録可能なドライブレコーダー

前後左右記録可能なドライブレコーダーってまだまだ少ないんですね。

一台は以前も紹介したコチラ

少し遊び要素もあるドライブレコーダーですが、記録できる範囲の広さではピカイチです。

360°カメラの性質上どうしても画像は歪んでしまいますが、一台で前後左右記録可能な優れものです。ドライブレコーダーとしての基本性能も申し分ありませんが、モニターが無いので記録映像をリアルタイムで確認するには、専用のアプリをインストールしたスマートフォンが必要です。他と比較して価格が高いのがネックです。


もう一つはオートバックスから10月24日に発売
になった最新のドライブレコーダー「PIXDA PDR600SV」

コチラも一台のカメラで前後左右を記録できる優れものです。モニターも搭載されていてリアルタイムで映像の確認が可能。画面はタッチパネルになっていて最大4分割でモニタリングできます。価格も30,000円程度で機能の割にリーズナブルなのも嬉しいです。


前後記録可能なドライブレコーダー

コムテックから発売されている前後2カメラのドライブレコーダーです。(バックカメラはオプションとなります)

メインカメラ(フロントカメラ)基本性能は申し分なし!上記の条件は全て満たしています。バックカメラについても200万画素、フルハイビジョンです。メーカーサイトに夜間の走行画像の動画がありますが、プライバシーガラス越しでもハッキリと記録されています。動画ではナンバーまでは確認できませんが、車種の特定は簡単にできるレベルです。

バックカメラの取り付けにはフロントカメラとケーブルで接続する必要があるので、配線をキレイに隠そうと思うと取り付けには手間がかかります。お店で取り付けをお願いするとバックカメラ分の追加料金がかかるので注意しましょう。


価格は高いですが、高機能な一台。ドライブレコーダー機能に加え、運転支援機能としてスピードアラートや車線のふらつき検知、前方車両との車間距離検知など一層の安全運転をサポートしてくれます。先進安全装備のある車だと同等の機能が車両に搭載されているので、必要はなさそうですが、安全装備のない車にはオススメです。

バックカメラについては設定により左右反転映像を映すことができるので、ルームミラーを見ているのと同じ感覚で確認ができます。

動画のみでなく、静止画も記録可能で、位置情報を元にGoogleEarthへマッピングすることも可能でエンターテイメント性も高いです。


パーツ持ち込みでの取り付けは便利なグーピットで



まとめ

悩むところですが、今のところ第一候補はコムテックZDR-015になりそうです。価格も30,000円を切るくらいで2カメラのドライブレコーダーの中ではリーズナブルです。機能も求めるものは全て搭載されているので一定の安心感はあります。もう少し悩んでみようかな・・・

半年前までは「ドライブレコーダーなんていらないでしょ!」って思ってましたが、まさか二台に取り付けるようになろうとは・・・想像もできませんでした。

キレやすい大人が増えてしまったのでしょうか?

他人事だとは思わず、しっかり備えをしたうえで、何事もないことを祈るばかりです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。




-アフターパーツ
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

CX-5の車内を汚れから守れ!社外オススメフロアマット5選!

CX-5関係ないけどイイモノ買ったからご報告

CX-5のカスタムに「両面テープの使い方」

CX-5のキーケース!結局PORTERに勝るものなし!

CX-5 のキーをキズから守れ!オススメキーケース10選

Twitter でフォロー