試乗・交渉

CX-5とCX-8の細かな違いを比較!買うならどっち?

投稿日:2017-09-15 更新日:

ついにCX-8が発表され2017年12月から販売が開始されます!

そこで気になるのが、CX-5との違い。

「乗車人数が違う」「全長が違う」っていうのは周知の事実。

そんなことではなく、選べるオプションや装備の違いについて比較してみました!

CX-5を検討している方もCX-8を検討している方も参考になれば幸いです。

現在、判明している範囲での比較になります。情報が更新されるタイミングで記事も更新していきます。




基本情報

ご存知の方が殆どだと思いますが念のため触れておきます。

CX-5 CX-8
車両寸法(全長×全幅×全高) 4,545 × 1,840 × 1,690 4,900 × 1,840 × 1,730
室内寸法(長さ×幅×高さ) 1,890 × 1,540 × 1,265 2,690 × 1,540 × 1,250
ホイールベース 2,700 2,930
最低地上高 210 200
燃料タンク容量 FF : 56l 、AWD:58l FF:72l 、AWD:74l
燃費(JC08モード)km/l FF:18.0 、AWD:17.6l FF:17.6 、AWD:17.0l
乗車定員 5名 6名 or 7名
XD 価格 \2,808,000 \3,196,800
PROACTIVE 価格 \3,002,400 \3,537,000
L Package 価格 \3,299,400 \3,958,200
AWD 価格 +226,800 +232,200

全てカタログ値です。比較がしやすいようにレイアウトしてみました。

以外だったのが室内寸法の高さ。CX-8の方がわずかに低いんですね。と言っても15mmなので誤差の範囲ですが・・・(全高はCX-8の方が高い)

驚いたのは燃費。車両重量は200kg以上(グレード、装備により異なる)重くなっているにも関わらず、燃費は0.4~0.6程度しか変わっていません。新しいSKYACTIV-Dの恩恵と考えられますが素晴らしいです!(CX-8のエンジンは改良が加えられています。CX-5とは別物です)

CX-8の乗車定員については、XDとPROACTIVEは6人乗りと7人乗りを選ぶことができますが、L Packageは6名乗りのみとなります。

気になるのは価格差です。

同グレードでのCX-5とCX-8の価格差

XD → \388,800

PROACTIVE → \534,600

L Package → \658,800

グレードが上がる毎に価格差も大きくなります。この記事ではこの価格差の価値があるのかも考えたいと思います。

エクステリア

全長やホイールベースといった数値的な違いの他はどこが違うのでしょうか?

フロントマスク

グリルデザインが違う以外はほぼ同じですね!実物を見れば違いがあるのかもしれませんが、写真ではグリル以外の違いを見つけることはできません。

そのうち「CX-5にCX-8のグリルを装着した!」って強者が出てきそうです。逆もあるかも・・・

リアデザイン

CX-8はテールランプのデザインが変更され、エンブレム上に左右のレンズまで伸びるガーニッシュ(メッキパーツ)が追加されました。

車幅は同じですが、このデザイン変更でワイド感が増したように感じますね。

リアゲートとリアバンパーにも変更が加えられています。CX-5の方が彫りが深く、立体感があるのがわかります。

サイドビュー

リアデザインの写真を見てもらうとわかりますが、CX-5はウィンドウトリム(窓の縁)のメッキパーツが下半分なのに対し、CX-8は全周に変更されています。

「それだとアクリルバイザー付けれないじゃん!」となりそうですが、オプションにメッキ付きのアクリルバイザーがありますので、ご安心ください。

アルミホイール

 

19インチホイールはカラーも違うので全く異なる印象になります。

サイズは同じでタイヤサイズも一緒です。17インチホイールは画像でみる限りはCX-5と同じデザインのものが採用されていると思います。

その他

L Packageのみルーフレールが標準装備となります。(PROACTIVEはオプション)

L Packageのみサイドステップにガーニッシュが装着されます。



インテリア

全グレード共通

フットレスト

ついに!と言うか、ようやく!と言うか、フットレストの部分にカバーのようなものが見えます。オプションのアルミペダルセットとはデザインが違うので何かしらパーツが付いていると予測されます。

CX-5はフットレストの部分は何もないので好印象です!フットレストについて詳しくはコチラ

CX-5納車!Y・MTフットレストカバーを取付け!

前席センターコンソール

CX-8は観音開きのセンターコンソールに変更されています。片側ずつ独立して開くことはできます。

シフト前のスペース

CX-5にはシフトレバー前に小物を置くことのできるスペースがあるのですが、CX-8にはそのスペースが無いようです。

出典:マツダ

CX-5はこの部分にシガーソケットがあるのですが、CX-8は助手席側側面にシガーソケットが移動しています。

シフトレバーやマツコネのコントローラーが全体的に前にズレたのかな?と感じます。こういった工夫でスペースを確保して、3列シートに対応しているのですね。

セカンドシート(二列目シート)

左右独立の前後スライドとリクライニングができるようになっています。サードシート(三列目)に乗り込まなければならないので当然ですね。

エアコン

CX-8はエアコンが運転席、助手席、後席の3ゾーンで設定がコントロール可能になります。CX-5のエアコンは後席にも吹き出し口はありますが、後席のコントロールはできません。

PROACTIVE

運転席10Wayパワーシート

CX-8はPROACTIVEで運転席10Wayパワーシートが標準装備となります。(CX-5はメーカーオプション \64,800)

助手席はラチェットレバー式で変更なし。シートヒーターは運転席、助手席に装備。後席はシートヒーター無し、ステアリングヒーターは搭載です。

機能的にはCX-5のドライビング・ポジション・サポート・パッケージと同じものが装備されています。

部分的なレザー使い(カラーの変更)

PROACTIVEになるとセンターコンソールやドアアームレストなど一部にレザーが使用されるのですが、CX-8ではこのレザーのカラーがディープレッド(L Packageと同色)に変更されています。(CX-5はブラック)

上品で洗練された大人のイメージが加えられたのではないかと思います。

L Package

シートカラー

L Packageのシートカラーは二色から選ぶことができるのは同じですが、CX-8はディープレッドとピュアホワイトの二色となります。

CX-5にあるブラックは設定されていません。

インナーデコレーションパネル

L Packageのみインテリアの一部に本物の木を使った「本杢」のパネルが採用されています。(PROACTIVE、XDは設定なし)

オーバーヘッドコンソール

オーバーヘッドコンソールにあるルームランプがLEDになっています。(PROACTIVE、XDはオプション)

グローブボックス内起毛加工

普段目にすることはすくないですが、グローブボックスの内側に起毛加工が施されています。(PROACTIVE、XDは設定なし)

リアウィンドウサンシェード

ロールスクリーン式(巻き取り格納式)のサンシェードが標準装備になっています。後席に子供を乗せることが多いと便利です!(PROACTIVE、XDはオプション)

二列目シートコンソール下収納

L Packageは二列目シートのセンターコンソール下に引き出し状の収納があります。PROACTIVEの6人乗り、7人乗りにはない収納です。

オプション

メーカーオプション

360°ビュー・モニター(\43,200)

PROACTIVE、L Packageにはアクセラに搭載された360°ビュー・モニターを追加できます。フロントパーキングセンサー(センター・コーナー)とセット装着となります。但し、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサーのみのオプション設定がないので、CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)と同時装着が条件となります。

駐車時の支援だけでなく、フロントカメラのみ動作させることも可能なので、非常に便利なオプションの一つだと思います。魂動デザインはノーズが長いので細い道、見通しの悪い交差点などで活躍が期待できます。

ルーフレール(\118,800)

PROACTIVEのみルーフレールをオプションで装着可能です。パワーリフトゲートとリアウィンドウサンシェードとセット装着となります。但し、ルーフレール+パワーリフトゲート+リアウィンドウサンシェードのみのオプション設定がないので、CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)と同時装着が条件となります。

ディーラーオプション

リアウィンドウサンシェード(\25,488)

L Packageと同じロールスクリーン式のサンシェードのみを取り付けることが可能です。

トレーラーヒッチ(\118,583)

なんとCX-8にはトレーラーヒッチがオプションで用意されています。

まとめ

最初は「CX-8の価格設定は高いのでは?」と思っていましたが、こうして装備の違いを書き出してみるどうでしょうか?

ここに書きだした意外にも違いはあると思うのですが、実車を見れないのでカタログ写真やメーカーサイトを見てわかる範囲ですので、ご了承ください。

個人的にはPROACTIVEのお買い得感は少なくなってしまったかな?といった印象です。でも、L Packageの魅力は増しました!装備の充実具合から考えるとL Packageの方がお買い得感は強いと思います。

360°ビュー・モニターやリアウィンドウサンシェードはCX-5にも欲しいと思うオプションです!

我が家は娘(チャイルドシート必須)の定位置が後席なので、サンシェードがあると便利かな?嫁さんのN-BOXにはロールスクリーン式のサンシェードが装備されていて、結構便利なんですよね。CX-5に流用できないか聞いてみようかな?無理だろうけど・・・

私がCX-5を購入する前だとして、CX-5とCX-8を購入検討するのであれば、「予算が許せば」という条件付きですがCX-8を選ぶかもしれません。

我が家の家族構成は妻と子供一人の3人。ですが、もう一人産まれる予定なので4人。大人2人に子供2人(チャイルドシート2台)になります。加えて嫁さんの祖父母とたまに出掛けると思うとCX-8の方が使い勝手が良さそうです。チャイルドシートを後席に積むと5人乗りのCX-5も結局4人しか乗れなくなるので、時々家族以外を乗せることもできなくなります。普段は4人がゆったり乗れて荷物が積み込める。時々6人乗るって使い方ができるCX-8は結構理想的な車です。

ただ、CX-5にプラス50万円以上(PROACTIVEの場合)と思うとハードルが高いのも事実。この価格帯だとミニバン買えばお釣りがきます。後席(特に3列目)の乗降性を考えるとミニバンの方が使い勝手が良いのも事実。スタイリングをとるか?利便性や経済性を取るか?難しい選択になりそうです。

ご購入の参考になれば幸いです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。




-試乗・交渉
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

CX-5 〈25S〉のオーナーが〈20S〉に乗る!20Sを再レビュー

新型CX-5 動画で見るパワーリフトゲート。パワーリフトゲートは本当に必要か?

CX-5を購入する前に!今の車は買取り?下取り?オークション?

山口マツダの決算創業祭がアツい!新型CX-5も

新型CX-5試乗レビュー② 20S編

Twitter でフォロー