車両情報・装備

CX-5購入後レビュー 収納を徹底レビュー!

投稿日:

先日、Twitterからリクエストをいただきました。

やっていそうでやっていなかった。むしろ、何故やっていなかったのか?

やろうと思っていたのに、いつの間にか忘れてしまっていた、車内の収納についてのお話し。

納車から約半年経過して使い勝手はどうなのか?使用者目線でお伝えします。




前席

ドアポケット(運転席、助手席共通)

ドアポケットには500mlのペットボトルとタオルなど小物を収納できます。

個人的には小さめのタオルなどを入れておくと便利だと思っています。雨が降った時や飲み物や矢部ものをこぼした時もサッと取り出して拭くことができます。

しっかりと深さがあるので、500ml程度のペットボトルであれば、ドアを閉めた時も走行中も飛び出てくることはありません。

グローブボックス

車検証だけを入れるなら余裕の広さですが、取扱説明書を一緒に入れておくと、他には物を入れられなくなります。

私は特に入れておく物もないので、取扱説明書も一緒に入れていますが、このありさまです。

ドリンクホルダー

アジャスター機能付きで190mlの小さい缶も安定します。出し入れも引っかかる感じはなくスムーズです。

もちろん、コンビニコーヒーのカップも500mlのペットボトルも入りますが、背の高い飲み物を入れておくとシフト操作やマツコネの操作のジャマになるので気を付けましょう。

センターコンソール

意外に使いにくいのがセンターコンソール収納。

上部のトレイは物を入れても取り出し安いですが、トレイが大きくはないので入るものは限られます。

トレイの下は深さがあるので、入れるのは良いですが、取り出しにくいと感じることが多いです。

また、センターコンソールの中にシガーソケット、USBソケット、ナビのSDカードスロットがあるのですが、それぞれがそこそこ深いところにあるので差し込みにくいです。

スマートフォンなどを充電する時は、コードを通せる溝があるので、コンソールの蓋を閉じても本体は外にだしておけるのですが、充電中はコードが邪魔になるので置き場に困ります。スマートフォン逆さまにしてドリンクホルダーに刺さってることが多いです。

シフトレバー前

シフトレバーの前には滑り止めが貼られた小物を置くことのできるスペースがあります。ここにもシガーソケットがあります

運転中にスマートフォンや財布を置いておくには便利なのですが、大型のスマートフォンや長財布は入りきりません。

私はキーケースを置くようにしています。

オーバーヘッドコンソール

ルームランプの前側がサングラスなどを収納できるスペースがあります。

内側は起毛素材が貼られているので、サングラスやメガネにキズ付きの心配はありませんが、使うことは少ないです。

サングラスやメガネを入れっぱなしにすると、夏場は熱で痛んでしまうこともあるので、私は入れっぱなしにすることはしないため使う機会は限られます。

だからといって他に入れるものも思いつかないです。

チケットホルダー

サンバイザーの裏側にチケットホルダーがあります。

コチラも使い勝手は良くないです。

駐車場チケットを取る→バイザーを降ろす→チケットを挟む→バイザーを戻す と手間です。

ガソリンスタンドで使うカードを収納しておくには良いと思います。

TECを取り付けていると、ETCのホルダーのアタリが付いてしまいます。



後席

ドアポケット(左右共通)

後席にもペットボトルと収納できるポケットがありますが、前席と比べると小さいです。小物を収納することはできません。

使い勝手は前席同様、可もなく不可もなくといったことろですが、センターアームレストがあるので使う機会は限られます。

センターアームレスト

センターアームレストを引き出すと、アジャスター機能付きのドリンクホルダーとアームレストボックス、USBソケット(2口)があります。

L Packageはドリンクホルダーの後ろ側に後席シートヒーターのスイッチがあります。(写真はPROACTIVE)

ドリンクホルダーの使い勝手は前席同様にGOOD!アームレストボックスもスマートフォンを充電しながら置くことができて同乗者には評判が良いです。

PROACTIVEとベースグレードはシートヒータースイッチが無いので、アームレストボックス前に1.5cm程の溝があります。スマートフォンを挿しておくことも可能です。

前席シート後ろポケット

運転席・助手席共に後ろ側には、背面ポケットがあります。

今となっては何を入れたら良いのか謎のポケットです。

昔は地図などを入れていた記憶もありますが、現代では必要ないかもしれません。

ラゲッジルーム

ラゲッジルームは広々していてベビーカーやゴルフバッグを積み込んでも余裕があります。

しっかり固定をしたい場合はラゲッジフック(4つ)も標準装備されています。

ラゲッジルーム下部収納

二分割されたラゲッジボード下にはパンク修理キットとBOSEサウンドシステムが収納されています。

※BOSEは取り付け車のみ

トノカバーを使わない時はボード下に収納することが可能です。

ラゲッジボードの両サイドにも小物を収納できるスペースがあります。(本来はトノカバーの端っこが収まる場所です)

まとめ

収納は決して少なくないが、収納力は低い!

何かと「収納が少ない」と言われることの多いマツダ車ですが、車内にものを置きっぱなしにしない人には十分だと思います。

私も車の中にものを置きたくないので、収納が少ないとは感じません。むしろ、何も入っていないところばかりです。

物を置きっぱなしにしなくても、一つ一つ収納は比較的小さいので、大きさによっては入らない(収まりが悪い)ものが多くなるのは確かです。センターコンソールやチケットホルダーなど一部使い勝手が悪いと感じる部分があるのも事実。該当箇所の使用頻度が低いので、そんなに気にならないですが、全体的に使い勝手が良いとは言い切れません。

特に前席で頻繁にスマートフォンを充電する場合は置き場に困ることが多いと思います。

正直、どの程度物を置くか?など使う人により感じ方が違うと思いますが、同クラスの車両と比較して収納が少ないといったことはないと思います。でも、収納力は低い傾向にあるのは確かです。

この辺りが「収納が少ない」というイメージにつながってしまっているのかもしれませんね。

購入を考えている方の参考になれば幸いです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。




-車両情報・装備
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

CX-5 i-DMを意識した結果の副産物

新型CX-5にSKYACTIV-Xが搭載される可能性

CX-5購入比較#2ガソリンモデルの20S→25Sは実質無料?!一番お得なグレードは?

CX-5のシートヒーターとハンドルヒーターがめっちゃ使える件

CX-5 BOSEサウンドシステムの実力 BOSEはいらない?①

Twitter でフォロー